2015年10月9日

開催予告

ミツカン水の文化センター 第22回里川文化塾
「関宿で学ぶ、江戸時代の舟運と産業」
11月7日(土)開催決定!

開催終了しました。以下は当日のプログラム内容です。
開催レポートは2015年12月公開予定です。

関宿水閘門から江戸川流頭部を望む関宿水閘門から江戸川流頭部を望む

ミツカン水の文化センターでは、「使いながら守る水循環」を学ぶ「里川文化塾」を開いております。22回目となる今回は、江戸川流頭部(利根川と江戸川の分岐点)の関宿を舞台に、江戸時代の関東地方の物流ネットワークの全体像と舟運が果たした役割、当時の産業などを学びます。

江戸時代、関東地方の交通網は、利根川、江戸川ほかいくつかの河川によるネットワークによって成り立っていました。江戸の防衛のため、主要河川には橋が架けられなかったという理由もあり、物資の輸送手段は船でした。なかでも千葉県北部の関宿は野田、流山とともに古くから利根川と江戸川を利用した舟運が発達しました。

そこで、江戸への舟運の要衝だった江戸川流頭部の関宿を訪ね、かつての舟運網と当時の産業について学びます。
また、明治時代以降、川から陸へと輸送手段が移りゆくなかで次第に失われていった「川のそばに住むための人々の工夫」についても振り返りたいと思います。

なお、今回は午後の部で川船「高瀬舟さかい丸」による利根川・江戸川・関宿水閘門(注1)の遊覧を計画しておりますが、利根川の水位に異常(水位が低い、もしくは降雨による増水)があった場合は「関宿城下散策」に変更となります。開催日の約1週間前の水位によって判断し、参加者にご連絡いたします。

(注1)関宿水閘門
1927年(昭和2)に竣工した、利根川改修事業のシンボル的な存在。「水閘門」とは、水流を制御する水門と水位を調節して船が通行できる閘門が併設されている河川構造物
千葉県立関宿城博物館の入り口に展示されている蛇籠(じゃかご・手前)と川漁用の小舟(奥)。
千葉県立関宿城博物館の入り口に展示されている蛇籠(じゃかご・手前)と川漁用の小舟(奥)。小舟は水塚(みづか)の軒下に吊るしておいて、洪水時の避難手段として用いた
会場となる千葉県立関宿城博物館
会場となる千葉県立関宿城博物館 土木遺産にも指定されている関宿水閘門。
土木遺産にも指定されている関宿水閘門
「高瀬舟さかい丸」から見た関宿水閘門
「高瀬舟さかい丸」から見た関宿水閘門 利根川境河岸に停泊する「高瀬舟さかい丸」。
利根川境河岸に停泊する「高瀬舟さかい丸」。利根川の水位が正常の範囲であれば出航 船上から見た江戸川流頭部
船上から見た江戸川流頭部

日時・会場

◇日時:
2015年11月7日(土)9:30〜17:00ごろ
(小雨決行。荒天時の予備日=11月14日(土))
◇集合・解散場所:
[集合]9:30 東武鉄道伊勢崎線・野田線「春日部駅」西口→貸切バスで千葉県立関宿城博物館へ移動
[解散]17:00ごろ 東武鉄道伊勢崎線・野田線「春日部駅」西口(交通状況による遅延あり)
◇会場
千葉県立関宿城博物館
(千葉県野田市関宿三軒家143-4)
利根川と江戸川に挟まれた野田市関宿のスーパー堤防上に建設された、川の歴史と文化を探る博物館。1995年(平成7)の開館以来、「河川とそれにかかわる産業」をテーマに、流域に生きる人々の歴史をわかりやすく紹介している。
◇募集人数:25名程度
※応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。 ※参加決定者には10月末に事務局よりご連絡いたします。
◇参加費:
無料
◇主催:
ミツカン水の文化センター

講師

尾ア 晃さん(おざき・あきら)
千葉県立関宿城博物館 主任上席研究員

プログラム

9:30 東武鉄道伊勢崎線・野田線「春日部駅」集合(西口)
9:45 貸切バスにて出発(所要時間:約40分)
10:30 「関宿城博物館」到着
10:40 主催者あいさつ
10:50〜
 11:50
講義「関宿を軸とした利根川・江戸川の舟運と産業および人々の暮らし」講師:尾ア 晃さん
11:50〜
 12:30
昼食(座学会場および博物館周辺で飲食可。付近にコンビニエンスストアなどはございませんので、昼食は春日部駅集合前に各自ご用意ください)
12:30〜
 13:30
「関宿城博物館」の見学
13:30〜
 14:20
午後のフィールドワーク開始。中之島公園に出発
「棒出しの石」(注2)「洪水の痕跡」「旧水位観測施設」「しゅんせつ船」(注3)「関宿水閘門」などを尾アさんのご案内で見学
  (注2) 棒出し
江戸川に流入する水量を制御するため、人工的に川幅を狭め、両岸を石枠や杭で固めたもの
  (注3)しゅんせつ船
治水や航路の確保等のために堆積した土砂を取り除く船
14:20〜
 14:40
午後のフィールドワークに関する質疑応答(尾アさん)
14:50〜
 15:00
貸切バスにて「高瀬舟さかい丸」乗船場へ移動(茨城県猿島郡境町利根川境河岸)
15:10〜
 15:50
「高瀬舟さかい丸」で関宿水閘門遊覧(40分ほど)。
利根川・江戸川の分岐点を船上から見学
16:00ごろ 貸切バスで春日部駅へ移動
17:00ごろ 春日部駅西口で解散
※利根川の水位に異常(水位が低い、もしくは降雨による増水)があった場合
14:20〜
 16:00
尾アさんのご案内による「関宿城下散策」
「水塚(みづか)」(注4)「関宿関所跡石碑」「関宿棒出し跡」などを徒歩で巡る(所要時間2時間弱)
  (注4)水塚
敷地の一部を石や土などで高くして、その上に建てた蔵。水害時の避難場所および収穫物を守るために使われた
16:10ごろ 貸切バスで春日部駅へ移動
17:00ごろ 春日部駅西口で解散
※それぞれの時刻はおおよその予定です。 ※プログラムは、天候等の事情により予告なく変更する場合があります。

当日の持ち物

昼食、飲み物、タオル、雨具、帽子、着替え、筆記用具、健康保険証

注意事項

※小雨決行です。荒天の場合は11月14日(土)に順延します。延期の場合は前日の17時までに決定し、参加者にお電話でご連絡いたします。※当日は徒歩で巡るコースがございますので、動きやすい服装および履きなれた靴(スニーカー、ジョギングシューズなど)でお越しください。 ※昼食は座学会場および博物館周辺で飲食できます。付近にコンビニエンスストアなどはございませんので、昼食は春日部駅集合前に各自ご用意ください。 ※お預かりした個人情報は、本イベントの目的のみに使用させていただきます。※お預かりした個人情報は、弊社のプライバシーポリシーに則り、適切な取扱を行います。
ミツカングループプライバシーポリシー

募集締切

2015年10月26日(月)

お申し込み方法

多数のご応募ありがとうございました。
お申込み受付は締め切りとさせていただきました。

お問い合わせ先
TEL:03-3555-2607 FAX:03-3297-8578

ページの先頭に戻る