調査報告

 「水の文化」に光を当てた、調査を行なっています。
世界各地での水と人とのつきあい方は、千差万別。地域や歴史に刻み込まれた「水の文化」という知恵を掘り起こし、現在と未来に向けて再提案します。

水にかかわる生活意識調査

1995年(平成7)、当センターの活動開始に先駆けて、「日常生活における水とのかかわり」について、改めて調べてみようと考えたのがきっかけで始まりました。普段何気なく、無意識に行なっている行為を思い起こして回答してもらう「意識調査」が主な目的で、東京圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)、大阪圏(大阪府 京都府 兵庫県)、中京圏(愛知県、三重県、岐阜県)に住む20歳から69歳までの男女を対象に、年1回アンケート調査を行なっています。

機関誌『水の文化』27号(2007年10月「触発の波及」)では、13年分のデータを改めて見直し、世相を反映した結果から編集した特集を行ないました。

過去の調査報告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ