1999-2010

ミツカン水の文化交流フォーラム2010
水は誰のモノ?公平と循環を両立するために

 今、水道事業をはじめとする水ビジネスが大きな関心を集めています。水ビジネスに必要な「水」。この水は誰のモノ?費用負担と受益者は誰なのか?
 適切な水ビジネスを実現するには、その土地に適した市場公共制度やビジネスモデルを考えなくてはなりません。本フォーラムでは「公平と循環を両立させる水文化」について広く討議していただきました。

拡大版ダウンロード
PDFダウンロード
日時
2010年10月15日(金) 13時30分〜
会場
東京ウィメンズプラザ
問題提起
健全な地下水循環への取り組み
〜熊本県の事例から〜
小嶋 一誠(前熊本県環境生活部水環境課課長)
内容はこちらPDFダウンロード
日本と世界の水ビジネス
〜現状と将来〜
中村 吉明
(独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機(NEDO)
研究開発推進部長)
内容はこちらPDFダウンロード
途上国の水道事情
〜開発援助の現場から〜
橋本 和司
(八千代エンジニヤリング株式会社国際事業本部顧問)
内容はこちらPDFダウンロード
水資源は誰のモノ?
〜水法の観点から〜
宮ア 淳(創価大学法学部教授)
内容はこちらPDFダウンロード
討論
公平と循環を両立する水事業と水文化とは?
コーディネーター:沖 大幹
登壇者:小嶋一誠、中村吉明、橋本和司、宮ア 淳
内容はこちらPDFダウンロード

ミツカン水の文化交流フォーラム2009
アクアツーリズム これからの観光資源と水文化

 都市への人口集中が進む中、持続的な地域づくりが各地で模索されています。それに伴い「訪れてよし、住んでよし」という視点から、水・水路・里川・暮らし と水文化といった水にかかわる事柄が、観光資源として見直されようとしています。
 これまで、水文化は主に定住者が「使いながら守る」と考えられていましたが、ヨソモノである観光客が水の価値を発見する機会が増えると、地域における人と水とのかかわり方はどのように変わるのでしょうか。
 本フォーラムでは、水文化を観光資源として成功しているケースを紹介し、アクアツーリズムの可能性について考えました。

拡大版ダウンロード
PDFダウンロード
日時
2009年10月7日(水) 13時30分〜
会場
東京ウィメンズプラザ
問題提起
水文化は観光の未来を拓くか?
〜アクアツーリズムと次世代ツーリズム〜
石森 秀三(北海道大学教授)
内容はこちらPDFダウンロード
なんでもないものの発見
〜チッタスロー(地産地消)で地域力を引き出す〜
陣内 秀信(法政大学教授)
内容はこちらPDFダウンロード
水都大阪の再生
〜環境先進都市とアクアツーリズム〜
橋爪 紳也(大阪府立大学教授)
(大阪府立大学教授)PDFダウンロード
飲める水と生食文化
〜旅の歴史と未来〜
神崎 宣武(旅の文化研究所所長)
内容はこちらPDFダウンロード
討論
ツーリズムがつくり守る水文化とは
コーディネーター:神崎宣武
登壇者:石森秀三、陣内秀信、橋爪紳也
内容はこちらPDFダウンロード

ミツカン水の文化交流フォーラム2008
共生とは何か 水立国日本の理念

 いま日本では「低炭素革命」などの名称で、生活水準をできるだけ維持しつつ温室効果ガスを削減し、世界と共生し貢献しようという精神が生まれつつあるように思われます。この背景には、様々な自然資源の逼迫や格差が意識される中「水を共に守っていこう」という思想があるのではないでしょうか。
 様々な水利用の立場で持続的な共益関係・秩序をつくる試みは、現場ごとに異なります。そこには、それぞれの「共生の理念」があるはずです。日本がこれまで培ってきた水文化は、共生のしくみをつくる上で、海外に貢献できるのではないでしょうか。
 本フォーラムでは、いま求められる水文化における共生への課題と理念、日本に求められる役割について議論します。

拡大版ダウンロード
PDFダウンロード
日時
2008年11月14日(金) 13:30〜17:30
会場
恵比寿 ザ・ガーデンルーム
問題提起
水循環における共生
〜これからが正念場?!〜
沖 大幹( 東京大学生産技術研究所教授)
内容はこちらPDFダウンロード
特別報告
川は何と共生してきたのか
島谷 幸宏(九州大学工学部教授)
内容はこちらPDFダウンロード
自然と共生するために必要な社会の論理と理念
倉阪 秀史(千葉大学法経学部准教授)
内容はこちらPDFダウンロード
水の越境紛争から共生のメカニズムを探る
中山 幹康( 東京大学新領域創成科学研究科教授)
内容はこちらPDFダウンロード
パネルディスカッション
水との共生のために日本が貢献できること
コーディネーター:沖 大幹
登壇者:島谷 幸宏、倉阪 秀史、中山 幹康
内容はこちらPDFダウンロード

水の文化交流フォーラム2007
2107年の水文化 〜少人口・温暖社会という悲観シナリオを超える夢〜

 温暖化の危機が叫ばれ、国内では人口減少が危惧されています。温暖化と少子化が同時進行する21世紀日本。そのとき、これまで慣れ親しんできた日本社会の水文化も大きく変わるかもしれません。
 水分配のルール、都市の水利用、市場と水資源、水害対策等々、これら水とのかかわり方が生んできた水文化は、100年後に向けて、どのようなシナリオをたどるのでしょうか。「合理的予測」ではなく、「文化をつくる」視点から、日本の水文化の将来の夢を考えるポイントを議論していただきました。

拡大版ダウンロード
PDFダウンロード
日時
2007年10月31日(水) 13:30〜17:30
会場
東京ウィメンズプラザ
特別報告
地球シミュレーターが描く将来の水環境
このまま温暖化が進むとどうなるか
江守 正多
(国立環境研究所地球環境研究センター温暖化リスク評価研究室長)
内容はこちらPDFダウンロード
日本の人口・経済社会と気候変動
どんな選択があるか
鬼頭 宏(上智大学経済学部教授)
内容はこちらPDFダウンロード
市場経済を超えることはできるか
モンゴルの事例から
小長谷 有紀(国立民族学博物館教授)
内容はこちらPDFダウンロード
特別講演
地球環境問題と水文化
不確実な科学予測を社会は受容できるのか
村上 陽一郎(国際基督教大学大学院教授)
内容はこちらPDFダウンロード
パネルディスカッション
2107年 日本の水文化の夢をかなえる10のポイント
コーディネーター:沖 大幹
パネリスト:江守 正多、鬼頭 宏、小長谷 有紀、村上 陽一郎
内容はこちらPDFダウンロード

水の文化交流フォーラム2006
SATOGAWA 里川宣言:みんなの利水・治水・守水

 里川は、生態系サービスと社会システムが適合した持続する川とも呼べるものです。いわば「使いながら守る川」ですが、そのしくみは、人が暮らす場・生業・時代によって様々な姿となって現れます。本フォーラムでは、「利用しながら守る川=里川という視点」について討議し、いま求められる里川像についてディスカッションを行いました。

拡大版ダウンロード
PDFダウンロード
日時
2006年10月31日(火) 13:30〜17:30
会場
東京ウィメンズプラザ
プログラム
テーマセッション 1「多自然川づくりの意味」
島谷 幸宏(九州大学教授)
内容はこちらPDFダウンロード
テーマセッション 2「環境史から見た川利用と都市」
小野 芳朗(岡山大学教授)
内容はこちらPDFダウンロード
テーマセッション 3「水−利用の論理・技術の倫理」
鬼頭 秀一(東京大学教授)
内容はこちらPDFダウンロード
テーマセッション 4「里川の思想」
鳥越 皓之(早稲田大学教授)
内容はこちらPDFダウンロード
パネルディスカッション
里川という枠組で、どんな川をつくりたいか?
コーディネーター:陣内 秀信
パネリスト:島谷 幸宏、小野 芳朗、鬼頭 秀一、鳥越 皓之
内容はこちらPDFダウンロード

水の文化交流フォーラム2005
リスクに強い水利都市 水循環がつくる21世紀の里<都市>とは

 水害、地震、火災、温暖化―現代都市にはさまざまなリスクが存在します。それらのリスクに高コストではありますが個別の政策で対応し、とりあえず安全で快適と思われる都市環境が実現されてきました。しかし、いつの間にか都市の安全が当たり前となり、個々人で都市をメンテナンスする努力が忘れられがちになっています。今求められるのは、多様な資源を身近に利用することで守っていく里としての都市ではないでしょうか。
 都市において水はライフラインの一翼を担っていますが、都市水害等を引き起こすリスク要因でもあります。また同時に、消防水利・環境水利など、さまざまなリスクを緩和する資源ともなっています。多様な水利用を目指した水循環は、単なる都市の水環境整備を超えて、21世紀の里<都市>において安心して暮らすための基本コンセプトといえそうです。
 そこで本フォーラムでは、リスク・安心・利用という3つのキーワードを軸に、健全な水循環をベースとした21世紀の里<都市>の姿と文化について、気鋭の論者に語っていただきました。

拡大版ダウンロード
PDFダウンロード
日時
2005年11月29日(火) 13:30〜17:30
会場
草月ホール
プログラム
報告1「これからの里<都市>居住におけるリスク回避の方向性」
菅 豊(東京大学東洋文化研究所助教授)
内容はこちらPDFダウンロード
報告2「リスク認知と合意形成」
中谷内 一也(帝塚山大学心理福祉学部教授)
内容はこちらPDFダウンロード
報告3「夢ではない木造文化の水利都市」
大窪 健之
(京都大学大学院地球環境学堂地球環境学舎
三才学林人間環境設計論分野助教授)
内容はこちらPDFダウンロード
報告4「都市の水循環と安全を守る水利」
沖 大幹(東京大学生産技術研究所助教授)
パネルディスカッション
安心水利で21世紀の里<都市>をつくる文化とは?
コーディネーター:鳥越 皓之
パネリスト:菅 豊、中谷内 一也、大窪 健之、沖 大幹
参加者との質疑応答
内容はこちらPDFダウンロード

水の文化交流フォーラム2004
水の値段 文化から考える水資源の価値

 「水を資源と見なしてよいのか?」「水はどのような価値をもった資源なのか?」これら水の値段をめぐる問題は、第3回国際水フォーラムでもテーマになった「Water for All」を実現する上で、国際的な水議論の大きなテーマとなっています。
 この点は、日本でも今後大いに議論される領域となることが予想され、幅広い視野で様々な若手専門家と市民が共に意見を交わすことが必要となることでしょう。とはいえ、「水資源の価格」という話題は、とかく狭く専門的な議論に陥りがちなものです。そこで当センターでは、文化・社会の側面からこのテーマに光を当て、幅広く深い議論することが、次世代の社会づくりに必要ではないかと考え、今回のフォーラムを開催いたしました。

拡大版ダウンロード
PDFダウンロード
日時
2004年11月1日(月)13:30〜17:30分
会場
法政大学市ヶ谷キャンパス ボアソナードタワー26階 スカイホール
特別報告
しのびよる水の危機
〜水は誰のものか〜
中村 靖彦(東京農業大学客員教授・農政ジャーナリスト)
内容はこちらPDFダウンロード
テーマセッション
水への『思い』に込められた値段
菅 豊(東京大学助教授)
内容はこちらPDFダウンロード
経済から見る、人のつながり(ソーシャル・キャピタル)と水の価格
諸富 徹(京都大学助教授)
内容はこちらPDFダウンロード
必要なのは、安い水? 高い水?
沖 大幹(東京大学助教授)
内容はこちらPDFダウンロード
パネルディスカッション
水に値段はつけられるのか
コーディネーター:鳥越 皓之
パネリスト:菅 豊、諸富 徹、沖 大幹
参加者との質疑応答
内容はこちらPDFダウンロード

水の文化交流フォーラム2003
なぜ いま 里川なのか コンパクトシティを考える

 現代の生活者は水や川とどのようにつきあえばよいのか、社会的な関心になりつつあります。かつて「里山」という言葉が「居住地の近くにある農用林」という意味であったように、居住者が身近に感じる川があってもよいのではないでしょうか。そのような、暮らしの中でみんなが守る身近な川を、当センターでは「里川」と呼んでみることとしました。里川は農村部や都市部など、人が居住する場所には本来どこにもあるべきものです。
 未来に向けて生きる現代人にとって里川とは何か?このテーマを当センターの主要な活動としていくキックオフとして、本フォーラムを開催しました。

日時
2003年10月20日(月)
会場
特別講演
水に対する感性の歴史
アラン・コルバン(ソルボンヌ<パリ第1>大学教授)
コメンテーター:高橋 裕
(国際連合大学上席学術顧問・東京大学名誉教授)
内容はこちらPDFダウンロード
コメント内容はこちらPDFダウンロード
テーマセッション
なぜ里川とコンパクトシティか?
陣内 秀信(法政大学工学部教授)
内容はこちらPDFダウンロード
セーヌ川も里川だった
嘉田 由紀子
(京都精華大学教授、滋賀県立琵琶湖博物館研究顧問、水と文化研究会世話役、子どもと川とまちのフォーラム代表)
内容はこちらPDFダウンロード
バーチャルウォーターが結ぶ里川と世界の水問題
沖 大幹(東京大学生産技術研究所助教授)
都市の水辺遊びからつくる里川
鳥越 皓之(筑波大学社会学系教授)
内容はこちらPDFダウンロード
パネルディスカッション
里川の文化モデルとコンパクト社会
パネリスト:陣内 秀信、嘉田 由紀子、沖 大幹、鳥越 皓之
内容はこちらPDFダウンロード

水の文化交流フォーラム2002
もしも蛇口が止まったら

 「くらしで気づかぬ水の文化を考えよう 〜 もしも蛇口が止まったら」と題し、「水の文化交流フォーラム2002」を2002年10月29日(火)に、江戸東京博物館にて開催しました。
 日頃は「出ることがあたりまえ」と思っている蛇口の水。もし、蛇口の水が止まったら、私たちの暮らしはどうなるでしょうか。この"もしも"を出発点に、身の回りに存在するいろいろな水やその利用、海外と日本の水利用比較などについて、参加者の皆様と広く情報交換を行いながら、私たちの暮らしに根ざした水の文化を見直してみました。

日時
2002年10月29日(火)17:30〜20:00
会場
東京・江戸東京博物館 1F大ホール
フォーラム登壇者
嘉田 由紀子
(京都精華大学教授・琵琶湖博物館研究顧問・水と文化研究会世話役)
天川 佳美(まちづくり会社コー・プラン)
村瀬 誠(雨水利用を進める全国市民の会事務局長)
陣内 秀信(法政大学教授)
神谷 博(水みち研究会代表、法政大学兼任講師)
内容はこちらPDFダウンロード

水の文化シンポジウム2001
シンポジウム

日時
2001年6月7日(木)14:00〜16:40
会場
東京・浜離宮朝日ホール
テーマプレゼンテーション
水の文化楽習とは
山崎 芳信(ミツカン水の文化センター事務局長)
基調講演
水の文化を伝えていくために
進士 五十八(東京農業大学長)
内容はこちらPDFダウンロード
パネルディスカッション
水の文化を伝えていくための実践的プログラムづくり
コーディネーター:陣内 秀信
パネリスト:進士 五十八、嘉田 由紀子、山道 省三
内容はこちらPDFダウンロード

ミツカン水の文化センター2000
研究報告会

日時
2000年1月26日(水)14:00〜15:30
会場
浜離宮朝日ホール
アドバイザー代表挨拶
富山 和子(立正大学教授・日本福祉大学客員教授)
水の文化ケースファイル報告
くらしと水の多様な関係
山崎 芳信(ミツカン水の文化センター事務局長)
内容はこちらPDFダウンロード
研究経過報告
舟運から都市の水の文化を探る
陣内 秀信(法政大学教授)
岡本 哲志(岡本哲志都市建築研究所代表)
内容はこちらPDFダウンロード

ミツカン水の文化センター1999
設立記念会

 「ミツカン水の文化センター」の設立にあたり、平成11年1月26日(火)午後1時30分より、東京青山のスパイラルホールで、設立記念会が開催されました。
 会場には、大学や博物館、企業など各方面から、"水"に想いを持つ方々にお運びをいただき、設立を記念するにふさわしい盛会となりました。

日時
1999年1月26日(火)13:30〜16:00
会場
スパイラルホール
アドバイザー代表挨拶
富山 和子(立正大学教授・日本福祉大学客員教授)
研究経過報告
舟運から都市の水の文化を探る
陣内 秀信(法政大学教授)
岡本 哲志(岡本哲志都市建築研究所代表)
内容はこちらPDFダウンロード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭に戻る