開催予告

ミツカン水の文化センターの新しいイベントが始まります!
発見!水の文化 〜江戸の水辺街歩き(日本橋編)〜
7月22日(土)開催決定!

ミツカン水の文化センターでは、2017年より新たなイベント「発見!水の文化」をスタートさせます。これまで開催していた「里川文化塾」よりも、より身近で気軽な企画内容を取り揃え、多くの方に興味を持って参加していただけるイベントにしていきたいと思います。
専門家に解説いただきながらの街歩きや滝鑑賞、舟めぐりなどを通して、身近にある“水の文化”を再発見し、私たちの生活を取り巻く“水の恵み”に気がつくきっかけとなれば幸いです。

忍城の本丸跡に建てられた三階櫓(模擬)と堀
日本橋  江戸時代、日本橋の南詰め東側が罪人の晒場、南詰め西側はお触れなどを掲示する高札場であった。全国へ繋がる街道の起点とし賑わった場所ならではの役割を果たしていた。

第1回目となる今回は、日本橋を歩きます。
「水の都」と呼ばれるほど、運河・掘割が張り巡らされていた江戸。江戸に入府した徳川家康が優先的に実施したことは、物資を運ぶための道三堀の開削・架橋でした。更に、行徳から塩を運ぶために小名木川も開削。都城づくりにとって、運河・舟運の幹線を整備することは、何よりも大切であったことが伺えます。
今回は、専門家の解説を受けながら今も東京に残る「江戸の水路・掘割の跡」をめぐることで、当時の街づくりにおける「舟運・水」の重要性と、今に引き継がれている“水の文化”を再発見します。
かつての水の都「江戸」に残る、水路・掘割の跡をめぐりながら、当時の街づくりにおける「舟運・水」の重要性を発見下さい。日本橋ゆかりのスイーツをご用意しますので、休憩時間に一緒に味わいながら楽しく歩きましょう!

日時・会場

◇日時:
2017年7月22日(土)13:00〜16:30ごろ
(小雨決行。荒天時の予備日=7月30日(日))
◇集合・解散場所:
[集合]13:00 JR東日本 東京駅八重洲北口付近
大丸の間を通る通路を抜けた辺りで集合。看板を持ってお待ちしています
[解散]16:30ごろ 東京メトロ東西線・日比谷線 茅場町駅
◇街歩きルート:
東京駅八重洲北口付近集合 → 日本橋・日本橋室町エリア → 日本橋堀留町・小網町エリア → 日本橋兜町・茅場町・新川エリア → 茅場町駅解散
◇募集人数:15名程度
※応募者多数の場合は抽選とさせていただきます ※参加決定者には7月10日頃に事務局よりご連絡いたします
◇参加費:無料
◇主催:
ミツカン水の文化センター
◇集合場所地図

集合場所

講師

斎藤 善之さん
斎藤 善之(さいとう・よしゆき)さん
東北学院大学経営学部 教授
1958年栃木県生まれ。1981年宇都宮大学教育学部卒業。1987年早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学、1995年「内海船と幕藩制市場の解体」で早大博士(文学)。日本福祉大学知多半島総合研究所嘱託研究員などを経て現職。専門は日本近世史、海運港湾史。主な著書に、『海の道、川の道』(山川出版社 2003)、『日本の時代史17近代の胎動』(吉川弘文館 2003、共著)など。

プログラム

13:00 東京駅 八重洲北口付近集合
13:20 街歩きスタート
  1 東京駅八重洲北口付近集合 → 2 一石(いっこく)橋 → 3 日本橋 → 4 日本橋魚市場跡 → 5 三浦按針屋敷跡 → 6 駿河町 → 7 金座跡 → 8 貨幣博物館見学(休憩含む) → 9 常盤橋 → 10 堀留公園(休憩含む) → 11 末広河岸・鎧河岸跡 → 12 鎧の渡 → 13 霊巌橋 → 14 湊橋 → 15 河村瑞賢屋敷跡 → 16 新川大神宮 → 17 海渡稲荷神社(質疑応答) → 18 茅場町駅
16:30ごろ 茅場町駅で解散

※それぞれの時刻はおおよその予定です。 ※プログラムは、天候等の事情により予告なく変更する場合があります。

一石橋 江戸市中に物資を運び入れる幹線運河として開削された日本橋川の終点にあたる場所にかかる。 一石橋 江戸市中に物資を運び入れる幹線運河として開削された日本橋川の終点にあたる場所にかかる。
迷子のしるべ石 一石橋のたもとに残る石碑。当時多くの人が往来し、賑わっていた場所であることが伺える。
迷子のしるべ石 一石橋のたもとに残る石碑。当時多くの人が往来し、賑わっていた場所であることが伺える。
新川大神宮 河村瑞賢が開削した新川沿いに建てられた神社。当時この付近には酒問屋が軒を連ね、その様子は多くの浮世絵に描かれている。新川大神宮 河村瑞賢が開削した新川沿いに建てられた神社。当時この付近には酒問屋が軒を連ね、その様子は多くの浮世絵に描かれている。
海渡稲荷神社 街歩きの終点。かつての江戸湊の中心地。今は、ビルの表札として痕跡が確認できる。
海渡稲荷神社 街歩きの終点。かつての江戸湊の中心地。今は、ビルの表札として痕跡が確認できる。

当日の持ち物

飲み物、タオル、雨具、帽子、筆記用具、健康保険証

注意事項

※小雨決行です。荒天の場合は7月30日(日)に順延します。延期の場合は前日の17時までに決定し、参加者にメールまたはお電話でご連絡いたします。 ※当日は徒歩で巡りますので、動きやすい服装および履きなれた靴(スニーカー、ジョギングシューズなど)でお越しください。 ※お預かりした個人情報は、本イベントの目的のみに使用させていただきます。 ※お預かりした個人情報は、弊社のプライバシーポリシーに則り、適切な取扱を行います。
ミツカングループプライバシーポリシー

募集締切

2017年7月9日(日)

お申し込み方法

下記お申し込みフォームにてお名前・ご連絡先などの情報と、「お問い合わせ内容」欄に次の項目を記入し、お申し込みください。

【お問い合わせ内容欄への記入事項】
・参加ご希望のイベント名「日本橋歩き(1)」
・参加動機
・プログラムへの期待

発見!水の文化 お申し込みフォーム

※メール受領後3日以内に、受領通知メールを返信します。
受領通知メールが届かない場合には、恐れ入りますが、再送していただくか、「発見!水の文化 参加受付係」までお問い合わせください。
また携帯電話のアドレスをご使用の方は、mizu.gr.jp のドメイン解除をお願いいたします。

参加方法等でご不明な点がありましたら、下記までお問い合わせください。

お問い合わせ先
TEL:03-3555-2607 FAX:03-3297-8578
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭に戻る