開催予告

第5回 発見!水の文化
〜江戸の水辺街歩き(深川編)〜
11月12日(日)開催決定!(※受付締切)

ミツカン水の文化センターでは、2017年より新たなイベント「発見!水の文化」をスタートさせました。
これまで開催していた「里川文化塾」よりも、より身近で気軽な企画内容を取り揃え、多くの方に興味を持って参加していただけるイベントにしていきたいと思います。
専門家に解説いただきながらの街歩きや滝鑑賞、舟めぐりなどを通して、身近にある“水の文化”を再発見し、私たちの生活を取り巻く“水の恵み”に気がつくきっかけとなれば幸いです。

富岡八幡宮富岡八幡宮

第5回目となる今回は、江戸の水辺街歩きシリーズで深川を歩きます。

江戸の街の防災機能を高めるために、埋め立てが進んだ江戸の新エリア「深川」には、木場や干鰯場が設けられ、商人による活発な商いの拠点となりました。この埋め立てや商人らの商いを支えたのが、運河による舟運でした。今回は、専門家の解説を受けながら深川の街を散策し、江戸時代における「舟運・水」の重要性と、今に引き継がれている“水の文化”を発見しましょう!

日時・会場

◇日時:
2017年11月12日(日)13:00〜16:30ごろ
(小雨決行。荒天時の予備日=11月19日(日))
◇集合・解散場所:
[集合]13:00 都営地下鉄 新宿線・大江戸線 森下駅 A3出口付近
[解散]16:30ごろ 都営地下鉄 大江戸線・東京メトロ 東西線 門前仲町駅
◇街歩きルート:
森下駅 → 森下エリア → 清澄白河エリア → 佐賀町エリア → 門前仲町エリア → 門前仲町駅
◇募集人数:15名程度
※応募者多数の場合は抽選とさせていただきます ※参加決定者には11月1日頃に事務局よりご連絡いたします
◇参加費:無料
◇主催:
ミツカン水の文化センター

講師

斎藤 善之さん
斎藤 善之(さいとう・よしゆき)さん
東北学院大学経営学部 教授
1958年栃木県生まれ。1981年宇都宮大学教育学部卒業。1987年早稲田大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学、1995年「内海船と幕藩制市場の解体」で早大博士(文学)。日本福祉大学知多半島総合研究所嘱託研究員などを経て現職。専門は日本近世史、海運港湾史。主な著書に、『海の道、川の道』(山川出版社 2003)、『日本の時代史17近代の胎動』(吉川弘文館 2003、共著)など。

プログラム

13:00 都営地下鉄 新宿線・大江戸線 森下駅 A3出口付近 集合
13:20 街歩きスタート
  1 深川神明宮 → 2 御船蔵跡 → 3 万年橋・川船番所跡 → 4 干鰮場跡 → 5 霊巌寺 → 6 紀伊国屋文左衛門の墓 → 7 清澄公園(休憩) → 8 仙台堀 → 9 永代橋 → 10 深川正米市場跡 → 11 富岡八幡宮 → 12 門前仲町
16:30ごろ 東京メトロ 東西線・都営地下鉄 大江戸線 門前仲町駅 解散

※それぞれの時刻はおおよその予定です。 ※プログラムは、天候等の事情により予告なく変更する場合があります。

幕府の軍船などが停泊していた御船蔵跡の石霊巌寺 左:幕府の軍船などが停泊していた御船蔵跡の石 右:霊巌寺

万年橋(川船番所跡)から見た清洲橋万年橋(川船番所跡)から見た清洲橋

当日の持ち物

飲み物、タオル、雨具、帽子、筆記用具、健康保険証

注意事項

※小雨決行です。荒天の場合は11月19日(日)に順延します。延期の場合は11月10日(金)の17時までに決定し、参加者にメールまたはお電話でご連絡いたします。 ※当日は徒歩で巡りますので、動きやすい服装および履きなれた靴(スニーカー、ジョギングシューズなど)でお越しください。※お預かりした個人情報は、本イベントの目的のみに使用させていただきます。 ※お預かりした個人情報は、弊社のプライバシーポリシーに則り、適切な取扱を行います。
ミツカングループプライバシーポリシー

お申し込み

多数のご応募ありがとうございました。
お申込み受付は締め切らせていただきました。

 
お問い合わせ先
水の文化センター事務局
TEL:03-3555-2607 FAX:03-3297-8578
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭に戻る