• バックナンバー
  • 目次総覧

目次総覧

58号
特集「日々、拭く。」

2018年 2月

藤森照信 ひとしずく(巻頭エッセイ)
拭う
山折哲雄 概説
「拭く」行為に宿る精神性と宗教性
小泉和子 生活史
日本人はいつから「拭く」ようになったのか?
Z-1グランプリ 地域
「雑巾がけ」の速さを競う勇者たち
花王株式会社生活用品
「拭くシート」から見える日本事情
鈴木禎宏五感
「今、ここ」へ戻るために──触覚体験としての「拭く」
関野 勉家庭紙
誰も知ろうとしなかった「拭く紙」
新津春子ライフ
どこを拭くか「観察」して考える
永井良和現代社会
掃除の変化と「拭く」のゆくえ
編集部文化をつくる
「拭く」と「水」の切り離せない関係
古賀邦雄水の文化書誌 49
生と死と共に流るるガンジス川
中庭光彦魅力づくりの教え 10
質にこだわらずにはいられない文化――香川県小豆郡小豆島
編集部 食の風土記 10
旬の食材を地元で味わう「せりしゃぶ」
坂本貴啓Go! Go! 109 水系14
瀬戸内の風土を反映した効率的な水利用の揖保川

ページの先頭に戻る

56号
特集「雲をつかむ」

2017年 6月

池澤夏樹 ひとしずく(巻頭エッセイ)
自分が飲んでいる水の源
村井昭夫 入門
いつでも、どこでも、見上げれば雲はそこにある
静岡市葵区 知恵
銘茶を支える、雲による天気読み
筆保弘徳 最新研究
天気予報の今と台風研究の最前線
五味文彦 文化
中世の絵巻に見る「雲」の役割
ANA 生活
「雲の監視」でフライトはより安全に
黒井 健 表現
「ただそこにあること」が雲の魅力
青木 豊
雷雲を追いかける男
小林康夫
今、この時代だからこそ、雲を哲学する価値がある
編集部 文化をつくる
たまには楽しみたい「雲 時間」
古賀邦雄 水の文化書誌 47
セーヌ川は流れる
編集部 食の風土記 8
塩の節約と島の自然が生んだ「くさや」
中庭光彦 魅力づくりの教え 8
流れを創る事業者たち――松山市中心市街地と道後温泉

ページの先頭に戻る

54号
特集「和船が運んだ文化」

2016年 10月

椎名 誠 ひとしずく(巻頭エッセイ)
旅先で水を失ったとき
安達裕之 概説
和船はどのように発達したか――構造と機能の盛衰史
  和船が運んだ文化 4つのストーリー
Story1
昆布ロードがもたらした明治維新と食文化
  Story2
陶器がつなぐ奥州と東海
Story3
北前船が運んだ民謡――江差追分と小室節
Story4
古式捕鯨にみる「人の行き来」と「技の伝播」
編集部 今見られる! 乗れる! 和船MAP
編集部 文化をつくる
和船時代の心意気
古賀邦雄 水の文化書誌45
丸木舟から帆船まで
編集部 食の風土記 6
伏流水と「もったいない精神」が生んだ六田麩
中庭光彦 魅力づくりの教え 6
温泉観光地バージョンアップのしくみ
坂本貴啓 Go! Go! 109水系 11
神話とたたら――出雲の民の暮らしを支えた斐伊川

ページの先頭に戻る

52号 特集「食物保存の水抜き加減」

2016年 2月

関野吉晴 ひとしずく(巻頭エッセイ)
極東シベリアの発酵食品
江原絢子 概説
保存食には「先人の知恵」が凝縮されている
畑江敬子 Interview
保存性を高める水分調整
静岡県賀茂郡西伊豆町田子 煙で燻す
西伊豆に今も伝わる本枯れ節の滋味
茨城県久慈郡大子町 凍結乾燥
凍らせて乾燥させる「幻のこんにゃく」
静岡県熱海市網代 塩を使う+干す
干物が生活に根ざすまち「網代」
長崎県西海市 ゆでて干す
五島灘の季節風がもたらす大根のうまみ
北海道美唄市 機械乾燥
農家の女性が生み出したカラフルな乾燥野菜
長野県下伊那郡高森町 日に干す
先人の挑戦を受け継ぎ干し柿をブランド化
編集部 文化をつくる
「水を抜く食べもの」を支えるプライドとニーズ
古賀邦雄 水の文化書誌 43
河川辞典(事典)を読むのはおもしろいる
編集部 食の風土記 4
水に乏しい痩せ地が生んだ宝物 阿波和三盆糖
中庭光彦 魅力づくりの教え 4
タンチョウ・雲海・硫黄・石炭――社会的水循環のトラベルストーリー
坂本貴啓 Go! Go! 109水系 9
「数」×「連携」×「継続」の「民の力」で守る天竜川

ページの先頭に戻る

50号 特集「雨に寄り添う傘」

2015年 6月

高橋順子 ひとしずく(巻頭エッセイ)
雨の音、傘の色
神崎宣武 概説 
傘と雨と日本人
編集部 資料 
日本の傘にまつわる略年表&
傘の構造と和傘の工程
橋本 肇 傘人1 
雨を楽しむ傘文化を提供したい
藤沢健一/
大塚清史
傘人2 
江戸時代から続く 岐阜・加納の和傘づくり
中野香織 Interview 
ファッションとしての傘
ジョン・ディチェザレ 傘人3 
魅惑のフォルムをつくりだす アートと日本の技術力
林 秀信 傘人4 
どこまでも理想の傘を追い求めて
橋本 肇/
大塚清史
コラム 
「傘の下の空間」と「雨に対する感性」
石川県金沢市 地域レポート 
「弁当忘れても傘忘れるな」
編集部 文化をつくる 
「傘の下の空間」を感じる文化
古賀邦雄 水の文化書誌41 
雨水利用をやってみよう
編集部 食の風土記 2
水車によって広まった ほうとう
中庭光彦 魅力づくりの教え 2
郊外化した過疎地に生まれる、「ゆるさ」の魅力
坂本貴啓 Go!Go! 109水系
川と人が保つ〈ほどよい距離感〉 那珂川

ページの先頭に戻る

ページの先頭に戻る

ページの先頭に戻る

ページの先頭に戻る

ページの先頭に戻る

ページの先頭に戻る

ページの先頭に戻る

ページの先頭に戻る

ページの先頭に戻る

ページの先頭に戻る

ページの先頭に戻る

ページの先頭に戻る

ページの先頭に戻る

ページの先頭に戻る

ページの先頭に戻る

ページの先頭に戻る

ページの先頭に戻る

ページの先頭に戻る

ページの先頭に戻る

ページの先頭に戻る

ページの先頭に戻る

ページの先頭に戻る

ページの先頭に戻る

ページの先頭に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭に戻る