機関誌『水の文化』12号
水道(みずみち)の当然(あたりまえ)

『水の文化』12号
水道(みずみち)の当然(あたりまえ)

水の文化 12号 水道(みずみち)の当然(あたりまえ)
2002年10月

豊富で衛生的な水を、安定して供給するのが上水道の役目です。
よもや蛇口が止まるなどとは誰も考えません。
しかし、水道に対するこのような「あたりまえ感覚」は
いったいどこに由来するのでしょう。
水道は使うみんなで守るもの。
ならば、水道に抱く信用や安心を守ることも意識してみたいものです。
当然(あたりまえ)と思っていた水道(すいどう)を、
水道(みずみち)として捉え直してみました。

完全版ダウンロード  

表紙ダウンロード  

12号 水道(みずみち)の当然(あたりまえ)

目次ダウンロード

目次



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ