水の文化センターとは

ミツカングループは創業以来
「水」の恩恵を受け、
「水」によって育てられた企業として、
「水」をテーマとした社会貢献活動を行っています。

なぜ「水」をテーマに?

ミツカングループは、創業以来水の恵みを受け、水に育てられてきたため、「水」への感謝の気持ちを持って「水」の大切さを伝え、「水」の恵みへの気づきを提供する社会貢献活動をしたいと考えたからです。

創業の地である愛知県の知多半島は水が得にくい土地柄だったため、文化元年(1804年)の創業時より、良質な醸造酢を作る為に山から木樋で水を引くなど、水の苦労を重ねてきました。また、廻船で尾張半田から江戸まで食酢を運んで社業の基礎を築くなど、水と深いかかわりを持ってまいりました。 そこで、1999年1月に「水の文化」に関する様々な研究や情報交流活動を推進していく母体として水の文化センターを設立し、2018年に20周年を迎えました。

  • 檜でつくられた木製の水道管と継手檜でつくられた木製の水道管と継手
  • 大正頃、ミツカン本社の蔵と半田運河。ここから江戸まで食酢を廻船で運んでいた(写真提供: 一般財団法人 招鶴亭文庫)大正頃、ミツカン本社の蔵と半田運河。ここから江戸まで食酢を廻船で運んでいた
    (写真提供: 一般財団法人 招鶴亭文庫)
  • 1850年頃(嘉永年間)に敷設した私設水道の巻物図。右の取水から左の運河を越えた末端まで、水道は直線距離にして1650mはある。1850年頃(嘉永年間)に敷設した私設水道の巻物図。右の取水から左の運河を越えた末端まで、水道は直線距離にして1650mはある

「水の文化」とは?

人の営みの根源には、常に「水」があります。人はときには「水」と闘い、またあるときには「水」と共生しながら、自らの「暮らし」をつくり上げてきました。当センターでは、この“人と水とのかかわり”によって生み出されてきた生活様式を「水の文化」ととらえています。

設立目的は?

以下の2つの設立目的に掲げて、活動を展開しています。

  • 一、「水の文化」にかかわる研究活動を行ないその成果を広く公開し、啓発活動を展開することで「水」に対する意識の向上を図っていく。
  • 二、新しい「人と水とのつきあい方」の提案を通して人々の豊かな暮らしの創造に貢献していく。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ