• TOP
  • 発見!水の文化
  • 実施報告一覧

NEW
発見!水の文化

 ミツカン水の文化センターでは、2017年より新たなイベント「発見!水の文化」をスタートさせました。
 これまで開催していた「里川文化塾」よりも、より身近で気軽な企画内容を取り揃え、多くの方に興味を持って参加していただけるイベントにしていきたいと思います。
 専門家に解説いただきながらの街歩きや滝鑑賞、船めぐりなどを通して、身近にある“水の文化”を再発見し、私たちの生活を取り巻く“水の恵み”に気がつくきっかけとなれば幸いです。

開催予告

名古屋で初の開催が決定!
第11回 発見!水の文化
「船でめぐる名古屋の水辺〜堀川・中川運河編〜」
11月3日(土・祝)開催決定!(※受付締切)

第11回目は初の名古屋開催となります。名古屋市内を今も流れる堀川と中川運河。ともに、名古屋城築城に端を発して発展した「ものづくり名古屋」を支えてきた運河です。専門家の解説を受けながら、「ものづくり名古屋」と関わりが深い木曽の木材などを運んだ舟運=「水の文化」に、船の上から触れていただきます。またルートには、水位差がある中川運河と名古屋港を結ぶ「中川口通船門」(閘門)が含まれます。水のエレベーターといわれる閘門を一緒に通ってみませんか?

なお、今回のイベントは一般社団法人中川運河キャナルアートの協力のもと、中川運河・名古屋港エリアで11月2日〜4日に開催される「世界運河会議プレイベント」プログラムの一部として実施します。運河や港などの水辺空間を楽しむ、様々なプログラムが開催されます。ぜひ複数のプログラムに参加し、「発見!水の文化」で触れる歴史的な内容と比較することで、新しい時代の運河の役割を感じとっていただければ幸いです。

都心と名古屋港をつなぐ中川運河は、運河独特の穏やかで魅力的な景観を作り出しています。c一般社団法人中川運河キャナルアート

都心と名古屋港をつなぐ中川運河は、運河独特の穏やかで魅力的な景観を作り出しています。
©一般社団法人中川運河キャナルアート

日時
2018年11月3日(土・祝)12:40〜15:15ごろ
クルーズルート
納屋橋 → 堀川 → 名古屋港・ガーデン埠頭 → 中川口通船門 → 中川運河 → 中川運河堀止船だまり
募集人数
30名程度
講師
川地 正数(かわち まさかず)さん
一般社団法人 中川運河キャナルアート 理事 /
川地建築設計室 主宰
井村 美里(いむら みさと)さん
水辺とまちの入口研究所共同代表 /
ナゴヤSUP 推進協議会事務局長

東京の水辺を、船から一緒に眺めてみませんか?
「発見!水の文化〜船でめぐる東京の水辺〜」
第10回 江東の内部河川編 10月13日(土)開催決定!(※受付締切)

第8回・第10回は船で東京の水辺をめぐる企画を準備しました。
第10回目は「江東の内部河川編」を実施します。(第8回・第10回のイベント内容は、同じものです。第8回の開催報告はこちら
東京都江東区には、江戸時代に舟運網として作られた運河が今も多く残っています。そして、現在もその運河は市民の憩いの水辺として活用され、生活に溶け込んでいます。
そんな江東の内部河川を視点を変えて船から眺めることで、江戸時代から市民に欠かせない存在であった運河の歴史を学び、これからの東京の水辺の可能性について考えてみたいと思います。
このイベントのルートには、「荒川ロックゲート」が入っており、水面差が最大3.1メートルにもなる荒川と旧中川を結んでいます。この完成により、それまでできなかった船の往来が可能となりました。船のエレベーターとも言われるロックゲートを通過し、水位変化を体験してみませんか?

小名木川と横十間川が交差する“川の交差点”に架かる、X字型の歩行者・自転車専用橋「クローバー橋」

小名木川と横十間川が交差する“川の交差点”に架かる、X字型の歩行者・自転車専用橋「クローバー橋」

日時
第10回 2018年10月13日(土)
9:15〜12:30
グルーズルート
豊洲〜荒川ロックゲート → 旧中川・横十軒川・小名木川エリア
募集人数
30名程度
講師
高松 巌(たかまつ いわお)さん
一般社団法人 まちふね みらい塾 代表理事
阿部 彰(あべ あきら)さん
一般社団法人 まちふね みらい塾 専務理事

実施報告

第8回 発見!水の文化
船でめぐる東京の水辺〜江東の内部河川編〜

ミツカン水の文化センターでは、2017年より新たなイベント「発見!水の文化」をスタートさせました。「発見!水の文化」は、身近で気軽な企画内容を取り揃え、多くの方に興味を持って参加していただける内容を目指しています。

第8回は、芝浦工大豊洲キャンパス裏船着場から出発し、江東の内部河川をめぐりました。当日は、途中雨に降られてしまう場面もありましたが、荒川ロックゲートを通り、最大3.1メートルにもなる荒川と旧中川の水面差を体感しました。また、土曜日ということもあり、カヌーや釣りを楽しむ人たちの姿も多く見られ、水辺と生活者のつながり伺うことができました。

船でめぐる東京の水辺〜江東の内部河川編〜

日時
2018年6月23日(土)9:15〜12:30
ルート
豊洲〜荒川ロックゲート → 旧中川・横十軒川・小名木川エリア
参加者数
35名
講師
高松 巌(たかまつ いわお)さん
一般社団法人 まちふね みらい塾 代表理事
阿部 彰(あべ あきら)さん
一般社団法人 まちふね みらい塾 専務理事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭に戻る