• TOP
  • 発見!水の文化

NEW
発見!水の文化

 ミツカン水の文化センターでは、2017年より新たなイベント「発見!水の文化」をスタートさせます。
 これまで開催していた「里川文化塾」よりも、より身近で気軽な企画内容を取り揃え、多くの方に興味を持って参加していただけるイベントにしていきたいと思います。
 専門家に解説いただきながらの街歩きや滝鑑賞、舟めぐりなどを通して、身近にある“水の文化”を再発見し、私たちの生活を取り巻く“水の恵み”に気がつくきっかけとなれば幸いです。

次回開催のご案内

東京の水辺を、船から一緒に眺めてみませんか?
発見!水の文化「船でめぐる東京の水辺」
第3回 江東の内部河川編 9月23日(土)
第4回 かわりゆく臨海部編 10月21日(土)開催決定!

 第3回・第4回目には、船で東京の水辺を巡る企画をご用意しました。

 第3回は「江東の内部河川編」を実施します。
 東京都江東区には、江戸時代に舟運網として作られた運河が今も多く残っています。そして、現在もその運河は市民の憩いの水辺として活用され、生活に溶け込んでいます。 
 そんな江東の内部河川を視点を変えて船から眺めることで、江戸時代から市民に欠かせない存在であった運河の歴史を学び、これからの東京の水辺の可能性について考えてみたいと思います。 
 このイベントのルートには、平成29年10月1日(日)〜平成31年3月31日(日)まで耐震補強工事のため閉鎖される、扇橋閘門が入っています。閉鎖前に、是非一緒に通過してみませんか?

 第4回は「かわりゆく臨海部編」を実施します。 
 現在開発が進んでいる東京の臨海部について、臨海部の歴史・文化的背景について学びながら、これからどのように変わっていこうとしているのかを水面側から見学します。 
 船の上から、刻々とかわりゆく注目の臨海地域の様子を一緒に肌で感じましょう。

小名木川と横十間川が交差する“川の交差点”に架かる、X字型の歩行者・自転車専用橋「クローバー橋」。

小名木川と横十間川が交差する“川の交差点”に架かる、X字型の歩行者・自転車専用橋「クローバー橋」。

第3回 江東の内部河川編

日時
2017年9月23日(土)13:00〜16:30ごろ
(小雨決行。荒天中止)
クルーズルート
本橋〜隅田川・小名木川・旧中川・東京スカイツリー・横十間川エリア
募集人数
30名程度
講師
高松 巌(たかまつ いわお)さん
一般社団法人 まちふね みらい塾 代表理事
阿部 彰(あべ あきら)さん
一般社団法人 まちふね みらい塾 専務理事

第4回 かわりゆく臨海部編

日時
2017年10月21日(土)9:15〜12:30ごろ
(小雨決行。荒天中止)
クルーズルート
日本橋観光桟橋〜竹芝・豊洲・辰巳エリア
募集人数
30名程度
講師
高松 巌(たかまつ いわお)さん
一般社団法人 まちふね みらい塾 代表理事
阿部 彰(あべ あきら)さん
一般社団法人 まちふね みらい塾 専務理事

「発見!水の文化〜感性を刺激する滝鑑賞〜」
9月2日(土)・30日(土)開催決定!

 今回は、東京から日帰りで楽しめる檜原村の滝をめぐります。より多くの人に参加して頂くために、同じ内容で2回実施します。
 音、しぶき、温度、流下する水の迫力あるビジュアル・・・滝には様々な水の魅力がつまっており、心の活力を回復するチカラがあるといいます。今回はそんな滝の魅力を発信し続ける「滝ガール」坂崎絢子さんと一緒に、東京から日帰りで楽しめる檜原村の滝をめぐり、五感を刺激しながら、心の回復力を得る滝鑑賞のヒントを教わるイベントを開催します。
 一緒に、水による癒しを体感し、新たな“水の文化”を発見しましょう!

「発見!水の文化〜感性を刺激する滝鑑賞〜」

払沢の滝は東京都で唯一“日本の滝百選”に選ばれている滝です。

日時
第1回:2017年9月2日(土)13:00〜16:30ごろ
第2回:2017年9月30日(土)13:00〜16:30ごろ
(小雨決行。荒天時は中止とさせていただきます)
滝巡りルート
武蔵五日市駅南口集合 → 払沢の滝 → 中山の滝 →武 蔵五日市駅南口解散
募集人数
各回15名程度
講師
坂崎 絢子 (さかざき・あやこ)さん
滝ガール
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭に戻る