• TOP
  • 発見!水の文化
  • 実施報告一覧

NEW
発見!水の文化

 ミツカン水の文化センターでは、2017年より新たなイベント「発見!水の文化」をスタートさせます。
 これまで開催していた「里川文化塾」よりも、より身近で気軽な企画内容を取り揃え、多くの方に興味を持って参加していただけるイベントにしていきたいと思います。
 専門家に解説いただきながらの街歩きや滝鑑賞、船めぐりなどを通して、身近にある“水の文化”を再発見し、私たちの生活を取り巻く“水の恵み”に気がつくきっかけとなれば幸いです。

開催予告

東京の水辺を、船から一緒に眺めてみませんか?
「発見!水の文化〜船でめぐる東京の水辺〜」
第10回 江東の内部河川編 10月13日(土)開催決定!(※受付中)

第8回・第10回は船で東京の水辺をめぐる企画を準備しました。
第10回目は「江東の内部河川編」を実施します。(第8回・第10回のイベント内容は、同じものです。第8回の開催報告はこちら
東京都江東区には、江戸時代に舟運網として作られた運河が今も多く残っています。そして、現在もその運河は市民の憩いの水辺として活用され、生活に溶け込んでいます。
そんな江東の内部河川を視点を変えて船から眺めることで、江戸時代から市民に欠かせない存在であった運河の歴史を学び、これからの東京の水辺の可能性について考えてみたいと思います。
このイベントのルートには、「荒川ロックゲート」が入っており、水面差が最大3.1メートルにもなる荒川と旧中川を結んでいます。この完成により、それまでできなかった船の往来が可能となりました。船のエレベーターとも言われるロックゲートを通過し、水位変化を体験してみませんか?

小名木川と横十間川が交差する“川の交差点”に架かる、X字型の歩行者・自転車専用橋「クローバー橋」

小名木川と横十間川が交差する“川の交差点”に架かる、X字型の歩行者・自転車専用橋「クローバー橋」

日時
第10回 2018年10月13日(土)
9:15〜12:30
グルーズルート
豊洲〜荒川ロックゲート → 旧中川・横十軒川・小名木川エリア
募集人数
30名程度
講師
高松 巌(たかまつ いわお)さん
一般社団法人 まちふね みらい塾 代表理事
阿部 彰(あべ あきら)さん
一般社団法人 まちふね みらい塾 専務理事

「江戸の水辺街歩き」に新ルートが加わります!
第9回 発見!水の文化 〜江戸の水辺街歩き(佃・築地編)〜
9月22日(土)開催決定!(※受付締切)

第9回目では、「佃〜築地」に残る江戸〜明治にかけての水辺を訪ねて歩きます。
徳川家康が入府し、湊を埋め立て掘割を張りめぐらせて造り上げた水の都、「江戸」。
江戸湊の埋め立てに伴って登場したのが、佃島・石川島です。(現在の中央区佃)
佃島には、家康の命により移住した摂津の漁師達が住み、幕府に魚を献上していました。石川島には灯台が建設され、江戸湾から入ってくる船と、八丁堀や日本橋へ入る船が行き交う江戸湊の中心として大変賑わいました。

一方築地は、埋立地に西本願寺が進出する海辺の街でしたが、明治に入り外国人居留地が置かれたことから、日本の西洋文明・欧米文化の発祥の地となっていきました。

専門家の解説を受けながら、佃・築地に残る江戸〜明治にかけての水辺の街の痕跡を辿り、普段は見過ごしていた“水の文化”を一緒に再発見しませんか?

林立する高層マンションと、昔ながらの佃小橋が共存する佃の風景

林立する高層マンションと、昔ながらの佃小橋が共存する佃の風景

日時
2018年9月22日(土)12:45〜16:30ごろ
街歩きルート
1 月島駅 → 2 佃小橋 → 3 佃波除稲荷神社 → 4 石川島灯台 → 5 佃側 渡船場跡 → 6 佃煮屋(外観) → 7 住吉神社 → 8 森稲荷神社 → 9 佃公園 → 10 佃大橋 → 11 私立学校発祥の碑 → 12 タイムドーム明石見学 → 13 東京税関発祥の地 → 14 シーボルト像(あかつき公園内)【解散】
募集人数
20名程度
講師
斎藤 善之(さいとう・よしゆき)さん
東北学院大学経営学部 教授

実施報告

第8回 発見!水の文化
船でめぐる東京の水辺〜江東の内部河川編〜

ミツカン水の文化センターでは、2017年より新たなイベント「発見!水の文化」をスタートさせました。「発見!水の文化」は、身近で気軽な企画内容を取り揃え、多くの方に興味を持って参加していただける内容を目指しています。

第8回は、芝浦工大豊洲キャンパス裏船着場から出発し、江東の内部河川をめぐりました。当日は、途中雨に降られてしまう場面もありましたが、荒川ロックゲートを通り、最大3.1メートルにもなる荒川と旧中川の水面差を体感しました。また、土曜日ということもあり、カヌーや釣りを楽しむ人たちの姿も多く見られ、水辺と生活者のつながり伺うことができました。

船でめぐる東京の水辺〜江東の内部河川編〜

日時
2018年6月23日(土)9:15〜12:30
ルート
豊洲〜荒川ロックゲート → 旧中川・横十軒川・小名木川エリア
参加者数
35名
講師
高松 巌(たかまつ いわお)さん
一般社団法人 まちふね みらい塾 代表理事
阿部 彰(あべ あきら)さん
一般社団法人 まちふね みらい塾 専務理事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭に戻る