里川文化塾

「使いながら守る水循環」。これが里川です。実際の河川のみを指すのではなく、暮らしとかかわるすべての「水」は、里川の可能性を秘めています。
森、川、農園、工場、トイレや台所から海へと流れた水は、蒸発し、雨になり戻ってきます。
こうした循環を維持するには、みんなの協力が必要です。
身近にありながら、なかなか気がつかない「里川」。 〈里川文化塾〉は、そうした「里川」と私たちとのつながりを発見し、「使いながら守る水循環」について考えるワークショップです。

実施報告



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ