水の風土記
水の文化 人ネットワーク

土からわかるトイレと水 
〜環境考古学の世界〜

水は、蒸発すれば空気中に戻り、地中にしみこめば地下水として循環し、常に動いています。ですから「奈良時代の水」など、残っているはずがないと頭から決め込んでいる人も多いでしょう。 ところが、いろいろな遺跡の「土」を分析することで、人がどのように水を利用していたか、どのような環境で暮らしていたか、ある程度推測できるようになっています。今回は、環境考古学のパイオニアである松井章さんに、トイレをめぐる土と水の奥深い話をうかがいました。

松井 章

(独)奈良文化財研究所埋蔵文化センター環境考古学研究室長、京都大学大学院人間・環境学研究科助教授
松井 章 まつい あきら

1952年生。東北大学大学院博士課程中退。
主な著書に『環境考古学への招待』(岩波書店、2005)他多数。

失敗しながら学んだ都のつくりかた

 トイレの話と、昔の都市における排水がどのようになっていたのかという話は切り離せません。古代の都を排水路との関係で見ると、なぜ次々と都が移ったのかが分かります。

 例えば平城京を見ますと、秋篠川と佐保川が平城京の中に北から入り、南にかけて流れ出ていました。その南端には、死んだ牛馬の処理場があったことがわかっています。つまり、一番北のきれいな水を、平城宮に居る天皇、およびそれをとりまく貴族達が利用したわけです。

 当時のトイレは、垂れ流し式の水洗トイレです。このため、その汚濁は、徐々に南下します。そして、水が一番汚い場所に、死んだ牛馬の処理場があったわけです。

 では、平城京より一つ前の都だった藤原京では、どうだったのか。

 藤原京への水の供給路は、飛鳥川一本だけです。それも、南東から北西に向かって流れています。つまり、一番南の方の人達がきれいな水を使い、北西の方に向かって汚濁が進むという地形になっている。その中間に藤原宮があるのですが、「北に宮を陣取って南に向かって政治をする」という中国の都城思想に基づいて藤原京をデザインしたのです。このため、実際に住んでみると、排水システムに欠陥があったことはすぐにわかったと思います。

 藤原京周辺で汲み取り式便所の跡が見つかっているのですが、これは排水が機能していなかった点を示唆するものだと思います。もしこれらの汲み取り式便所を、垂れ流しにしていたら、汚穢は宮の方に流れていったことでしょう。

 つまり、中国の都城思想に、排水の思想は文字としては伝わっていなかった。このため、それを真似た藤原京の人々は、住んでみて初めて排水の不便さがわかったのでしょう。最初は壮大な都城を計画したのに、完成させずに、16年で廃絶してしまった理由は、そこにあったのだと思います。

 では、都城ではありませんが、藤原京より古い飛鳥の周辺はどうだったのか。

 飛鳥は低湿地で、水の供給量が少なく、水がよどみます。悪水がたまりやすかったわけで、沼地として苑地が多数造られたと思うのです。ですから、飛鳥では、宮は造りましたが、都市は造らなかった。天皇の代が替わる度に、宮も替わる。それなら、排泄物や死んだ牛馬を「どこで大量に処理するか」という問題は起きなかったのでしょうね。

 ところが、都城を造るとなると、その中に多くの人が定住するわけで、どうしても排水が問題になる。このことを藤原京に住んでみて、はじめて分かったのだと思います。

平城京の水質汚濁

 ですから、藤原京を経て、平城京を造営した時は、秋篠川と佐保川という二本の清流を都の中に流れ込ませ、東と西に堀川と呼ぶ運河を造っています。これにより、排水を確保しようとしたのでしょう。

 平城宮の北部・平城宮近くにあった当時の貴族・長屋王邸宅跡を発掘しますと、道路側溝から水を取り入れて、汚穢を流し出すという垂れ流し式トイレがありました。おそらく水質汚濁はかなり深刻な問題だったと思います。このため、既に藤原京時代から、汲み取り式トイレが併行して使われています。

 しかし、秋篠川・佐保川という自然河川を都城の中に流しこんだので、雨が少し降れば溢れ、渇水の時には干上がり、そのコントロールは大変だったでしょう。

 さらに、やっかいな問題もありました。

 律令政府は、当初は都城の中で生産から居住を完結させようと思ったのでしょう。ですから、東大寺の建設等に伴い、鋳造が必要となるわけですが、その鉱毒の処理が問題になったのに違いない。大仏などの鋳造にはヒ素や水銀を大量に使いますので、工人やその周辺の住民らが鉱毒のために中毒になったのはまず間違いないでしょう。

 これが飲料水の汚染も招くわけです。しかも、東大寺の大仏鋳造などは、佐保川の上流で行いますから、鉱毒を含む汚水が、大量に都城の中を流れるのです。つまり、国家の権力で都城の中にむやみやたらにいろんな公害を持ち込まれ、深刻な汚染を招いたことは間違いないと思います。

 このような水の汚染は、土壌の堆積物を分析することでわかります。淡水と一口に言っても、泥水と、流れのある水とでは、そこに棲むケイソウという小さなプランクトンの種類が違ってきます。平城宮の土を調べると、よどんで濁った水に住む種類が多いのです。

 このように水質が悪化したからでしょうか。都も時間が経つにつれて荒れてきますね。奈良時代の最初の頃は大きな建物が建ち並んでいた。しかし、それらがだんだん分割され、構造物が小さくなっていく様子が、発掘された柱穴の大きさから見ても、わかります。それは南の方で特に顕著で、人々が広く薄く住むようになったということでしょう。

 こうしたことが、文献からではなく、発掘からわかるようになってきたわけです。

トイレの土からわかる平安貴族の健康への思い

 長岡京になると、南東の端に宇治川を流し、自然河川を都城の中には入れていない。おそらく水門を造り、必要な分だけ都城に流し込むようにしたのでしょう。ところが、長岡京は低湿地が多いし、中には丘陵地もある。ここも水のコントロールがうまくいかなかったことは明らかです。このため、ここもすぐに諦めて、平安京に移ったのではないでしょうか。

 平安京は、東を流れる鴨川が豊富な水量をもっています。西にも御室川という自然河川が流れており、必要な水をコントロールしながら、東の堀川、西の堀川へと流しこんでいったと考えられます。古代の都城の下水システム計画は、ここに完成したのでしょう。

 それでもいろいろな問題が発生したことが、文献にも見られます。「近年、役所や貴族の邸宅で側溝を堰き止め、汚穢を流す者がいる。堰き止めることは禁止しないが、汚穢を流し出すことを禁止する」などという太政官符という法令が出されます。

 また、病気が流行りますと、「髑髏三千」と言われるように、行き倒れの人が鴨の河原で白骨化する。犬やきつねが死体を食べると記録されています。流行病が発生しても、自分の自然治癒力に頼るしかないわけで、健康と長寿への願いは深刻でした。

 それは、トイレの土を観察してもわかります。というのは、お腹の足しにならない植物、例えば、紅花(べにばな)の花粉、アカザの種、山椒や麻の実などがたくさん出土する。その理由を考えていた所、いまの漢方薬店では、紅花の花を干したものがショーケースに置いてあるのを見ました。「これだ」と思いました。つまり、貴族にとってみれば、不老長寿を願い、薬効成分のあるものをたくさん服用したのでしょうね。

 それから「けがれ」に触れないようにする。当時、病の流行は、「気」が媒介すると考えられていましたので、その「気」を断つことは、屋敷の中に閉じこもり、外部との折衝を避け、加持祈祷に励む。そういう対処法が、トイレの堆積物を見て、推測されることですね。

 いろいろと問題がありながらも、平安京の水システムは理に適っていて、安定していました。ですから1000年も続いたと私は考えています。自然流下で北から南に流れるのと、自然河川を平安京の中に入れていないのが特徴だと思います。水のコントロールというのは人口が多く密集して住んでいる環境では、生存を安定させる条件だったと思います。

水漬けの土だからわかる

 今まで述べてきたように、人々の暮らしの歴史が、文献ではなく、土の分析で明らかになってきた。

 私が、排泄物の分析を始めたのは、1976年にアメリカ、ネブラスカに留学した時からです。そこは乾燥地帯でして、日干し煉瓦で家を建てるのですが、その片隅にあるトイレで排泄物がひからびて、糞石になっている。その糞石の中から寄生虫や消化できなかった種子を検出できることを知りました。

 こうした糞石は日本の貝塚からも発掘されるのですが、貝殻から出るカルシウムのために石灰化してしまっています。そして、花粉分析する人は糞石に塩酸をかけてしまうのです。すると種子は塩酸に強くて残るのですが、動物性のものは全部消えてしまうのです。このため、あまり大きな成果は上がりませんでした。

 その後、1989年にイギリスに行った時、トイレ土壌の分析方法を勉強することができました。北イングランドのヨークという町は、2本の川が合流し、毎年のように洪水に遭うような場所でした。最初にローマ人がヨークに進駐してきた歴史をもっており、その時の遺跡が現在の地表から7メートル下に埋もれています。5メートル下は、700年代に侵入してきたバイキングの集落が眠っています。そしてその上が、アングロサクソン、中・近世の時代、など、1〜2メートルおきにそれぞれの時代の土壌が眠っている場所です。

 しかもこの土が「水漬け」のままなんです。そのおかげでこの土を分析すれば、その時代の環境がわかるのだと納得しました。

 「水漬け」というのは、重要です。日本のように、晴れたらひからびて、雨が降ったら水が浸みるという環境は、有機物の保存には最悪なんです。抜けていく水と一緒に有機物を分解してしまうからです。百パーセント水に浸かっているか、百パーセント乾燥しているかの、どちらかでないと残りません。日本ではそれが恵まれていなかったので、研究に着手できなかったのです。

 ヨークの水漬けの土を分析すると、寄生虫や種子が残っていることがわかりました。そして、平城京でも溝やトイレの汲み取り穴の土は、水浸けですね。この水漬けの土を狙って研究を進めたら、結果的には欧米と肩を並べるまでになったということです。水というものがいかに重要か、トイレの研究でわかってきました。

 いま日本における水漬けの遺跡で、私が行っているのは、佐賀平野にある「東名(ひがしみょう)遺跡」です。有明海の沿岸から28キロ内陸に入った所で、7000年前の遺跡です。地球温暖化により、7000年前に急激に海面が上がり、水没して、そのまま佐賀平野の沖積作用によって地下6〜7メートルに埋もれたまま、最近偶然発見されました。

 発掘しますと、網カゴがたくさん、200個以上出てきています。いままで最古の網カゴというと、福井県の鳥浜貝塚が6000年ぐらい前で、数点でしたが、それを1000年以上、さかのぼりました。

土をどのように分析するのか

 まず、種子や花粉の密度の濃そうな土を持ってきて、バケツのような器の中に入れて、ホースで水でゆっくり注ぎます。すると濁った水が溢れ出てくるんですが、一緒に浮いてくる種子、昆虫のかけらを目の細かい網で漉すのです。それからバケツの底に残った砂礫、骨などと分かれます。そしてその両方を見るわけです。

 おおよそ30分で、土1リットル程度は処理できます。ただし、それをピンセットで選り分けるのには、丸一日かかる。根気がいる仕事ですね。顕微鏡で見ながら、選り分けます。顕微鏡で見ないと特徴がわかりませんから。

 見慣れてきますと、種と昆虫のかけら、特に糞虫の一部、イワシのような小さな魚の骨等はわかるようになりますね。

 こういう作業を、学生はあまりやりたがらない(笑)。でも、2〜3日、朝からずっと見ていれば、大雑把に「これは昆虫、これは種子」程度までは、だんだん分かってきます。でも、例えば「その骨が、どの魚の骨なのか?」を見分けるには、やはり半年ぐらいはかかりますね。これをひたすら観察し、現生標本と比較します。

 現生標本を集めるには、日本中を飛び回ります。今日も、福井県から害獣駆除で捕獲された鹿2頭が送られてきました。やはり、そういう基礎資料を集め、それと比較することで、はじめてトイレの土壌の内容も同定できるわけです。その基礎が無く、ただ土壌だけを見ても、何も分かりません。

 私が、動物考古学を学生時代に始めた時は、標本も全くないし、教えてくれる先生もまったくいませんでした。当時、東京の動物考古学の専門の先生に、週末に教えてもらいに行ったのが唯一の場でしたね。今なら2〜3日でできることも、半年近く足踏みしていたこともあります。ただ、そういう足踏みを何度も何度も経験したので、今の学生はスムーズにいくのかなと思っています。

集落の変遷

 縄文時代にはまったく井戸がありません。穴を掘って飲み水を得ようという発想が、無かった。縄文時代では湧き水のある所を中心に集落が営まれますし、どうやって水を運んだのか疑問に思うような、谷川から距離のある遺跡もあります。水を運ぶのに労力をいとわなかったのです。

 それが、弥生時代中期、人口の増加と軌を一にして、井戸が掘られるようになる。人口の増大と定住が背景にあります。つまり、せまい場所に多くの人が1年中住むようになり、井戸が出現するわけです。川のそばで身体を洗ったりしたと思います。

 弥生時代前期までは自然の水の供給だけで暮らしたと考えていいと思います。

 これに伴い、弥生中期には環濠集落が出現します。また、弥生の始め、あるいは縄文の最終末から非常に規格性の高い水田を作り始めます。沖積平野に集落が進出します。水田が営まれていたことは、畔が出土されるのと、土器の中に籾殻が出てくることからわかります。

 また、たまたま火事があった時は、炭化米といって、稲穂がそのまま出土しますから、米に頼ったことは間違いないですね。ただ弥生時代最初から米一辺倒ということは有り得ないでしょうね。考古学的には証拠が米しか残らないのでお米が目立つのです。雑穀は非常に小さいので検出が難しいのですね。それを、いま土を調べて雑穀を発見しようとしている所です。

 この環濠集落の周囲には糞便が堆積していたと考えられます。環濠に突き出した桟橋のような所からボットンと落としていたのでしょう。そして、川に垂れ流し。古墳時代や飛鳥時代も基本的には変わらない。

排泄物のリサイクル

 藤原京で始めて汲み取りトイレが出現するわけですが、その背景には、水の汚染防止だけではなく、排泄物のリサイクルが考えられます。

 平城宮内も、垂れ流し式と汲み取り式が併存し、それは平安京、そして実は、中世の鎌倉も同様です。

 ところが、京都でも、応仁の乱の頃になりますと、垂れ流しが無くなり、汲み取り式になり、近隣の農民が屎尿を買いに来るようになります。イエズス会の宣教師ルイス・フロイス「西洋では金を払って屎尿を引き取ってもらうのに、日本では百姓が金を払って屎尿を買いに来る」と、報告しています。

 ところが、山岳寺院では相変わらず垂れ流し式でした。それはリサイクルのための運搬に骨が折れるし、それを使う耕地面積が少ないという問題があったわけです。

 山岳寺院のトイレというと、高野山が有名です。あそこは上水を全部使い回した後に最後に、隠所(おど)川に垂れ流すように参拝者のトイレがつくられている。ですから、高野山というとトイレの代名詞だったのですね。

 私は大阪生まれですが、祖母は、掘りごたつでテレビを見ていると「ちょっと高野山に参ってきます」と言って席を立ったものでした。

土の世界、文献の世界

 糞便については、一番古くはどこまでわかるのかということですが、穴を掘ってわかるのは、藤原京までですね。ただ、トイレの構造については弥生時代終末期から古墳時代はじめの桜井市の纏向遺跡から、「トイレの可能性が高い」と推測される、桝(ます)と木樋で組んだ導水遺構が出土しています。

 その桝の周辺の土を分析したら、寄生虫がたくさん出てきました。いまだに「これは清浄な水による禊ぎの儀式だった」と考えている研究者もいまして、決着はついていません。同じような事例が何例も続くと決着はつくのですが、まだ分析した事例が二例だけですので、反対派の声が大きいのです。

 このように、今の通説は、文献という文字の世界に頼ってつくられた説ですので、覆される可能性はいくらでもあります。土をはじめ、いろいろな方法を駆使して、社会、生活の実相が分かってくるのは、まだまだこれからです。それが環境考古学の面白味でもありますね。

(2006年3月22日)



この記事のキーワード

    水の文化 人ネットワーク,松井 章,土,トイレ,古代,排水,水質,遺跡,考古学,研究

関連する記事はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ