発見!水の文化

ミツカン水の文化センターでは、2017年より新たなイベント「発見!水の文化」をスタートさせました。
これまで開催していた「里川文化塾」よりも、より身近で気軽な企画内容を取り揃え、多くの方に興味を持って参加していただけるイベントにしていきたいと思います。
専門家に解説いただきながらの街歩きや滝鑑賞、船めぐりなどを通して、身近にある“水の文化”を再発見し、私たちの生活を取り巻く“水の恵み”に気がつくきっかけとなれば幸いです。

開催予告

第13回「発見!水の文化」
江戸の水辺街歩き~日本橋編~
6月8日(土)開催決定!※受付締切

第13回目となる今回は、日本橋を歩きます。
専門家の解説を受けながら今も東京に残る「江戸の水路・掘割の跡」をめぐることで、当時の街づくりにおける「舟運・水」の重要性と、今に引き継がれている“水の文化”を再発見します。普段は見過ごしていた“水の文化”を一緒に再発見しませんか?


日時・会場
  • 日時
    2019年6月8日(土)13:00~16:30ごろ
    ルート
    日本橋・日本橋室町エリア → 日本橋堀留町・小網町エリア → 日本橋兜町・茅場町・新川エリア → 隅田川河口
    募集人数
    20名程度
  • 講師
    斎藤 善之(さいとう よしゆき)さん
    東北学院大学経営学部 教授

詳しくはこちら

実施報告



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ