機関誌『水の文化』17号
雨のゆくえ

『水の文化』17号
雨のゆくえ

水の文化 17号 雨のゆくえ
2004年8月

日本にはたくさんの雨の言葉があります。
季節を表す言葉、鮮やかさを表す言葉
雨はいつも近くにありました。
雨は誰の上にも分け隔てなく降ります。

「健全な水循環」という言葉がここ20年ほどの間に
使われるようになり「当たり前の雨」も「資源としての雨」へと意味を変えつつあります。

資源として雨を捉えることは日本の風土から自然と導きだされるものではないでしょう。
しかし、すでに人工的な環境で暮らす現代人にとって雨を通して水を循環させる文化をつくることは今、必要な修繕作業なのかもしれません。

完全版ダウンロード  

表紙ダウンロード  

17号 雨のゆくえ

目次ダウンロード

目次



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ