機関誌『水の文化』24号
都市公園

『水の文化』24号
都市公園

水の文化 24号 都市公園
2006年10月

江戸時代の浮世絵には、さまざまな水の風景が描かれています。
水のある所には豊かな生態系が育まれ、魅力ある場がつくられていました。
そうした所に人が集い、名所となっていったのです。
現在の都市公園のいくつかは、そうした名所のルーツを受け継いでいる場所です。

しかし多くの都市公園では、衛生と危険防止の観点から水を締め出してしまいました。
近代化の過程で減ってしまった都市の水面は、
公園によって補われることはなかったのです。

持続可能な都市像が模索されている今こそ、都市の水循環を回復する場をつくっていかなくてはなりません。
水と土と緑という、分ち難い存在を内包する
都市公園は、その可能性を持っているのです。

訪れる人、観光客にとってのハレの温泉も、受け入れる人、地元にとってのケの温泉も、どちらも同じように大切なことではないでしょうか。

完全版ダウンロード  

表紙ダウンロード  

岐阜県各務原市市民の森

岐阜県各務原市市民の森

目次ダウンロード

目次



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ