機関誌『水の文化』47号
つなぐ橋

『水の文化』47号
つなぐ橋

水の文化 47号 つなぐ橋
2014年6月

気ぜわしい、今の暮らしの中では、橋は単なる通過点。
橋を渡るときに、ゆっくり川を見ることも滅多にありません。

ところが川を船で行くと、橋は渡るだけでなく、くぐるものでもあった、ということを思い出します。
船が橋をくぐるたびに、橋の上の人と、船でくぐる人が笑顔を交わし、手を振り合います。
思いがけない一期一会は、橋がハレの場であることを再認識させてくれます。

もちろん、線路や道路を渡る橋もあります。
越し難い何かをまたいで、こちら側と向こう側をつなぐのが橋の役目。
比喩として〈架け橋〉ともいうように、何かをつなぐ、大切な働きをしているのです。

橋のある所には、人が引き寄せられ、賑わいが生まれ、ドラマが繰り広げられます。
渡るという機能以外のそんな橋の魅力を探してみました。

完全版ダウンロード  

表紙ダウンロード  

つなぐ橋

目次ダウンロード

目次



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ